売掛金回収は穏便に

売掛金回収は、会社の売り上げの未払い分を支払ってもらうというものであり、売掛金を抱えている会社としては当然のことです。しかし、売り掛けで取引をしたもののそれを支払ってもらえなくなることもあります。長く付き合ってきた取引先や今後もできれば付き合いを続けていきたい場合には、当然の権利ではありながら回収を強く言い出せないこともあるでしょう。

売掛金回収が停滞してしまう理由には、取引先の経営状態の悪化以外にも、取引内容への不満などいろいろあります。こうした理由は交渉や支払計画、契約内容の見直しなどで解決できるものもあるため、まずは売掛金の請求を強引に進めるのではなく、穏便に話し合いを持つことが必要です。

売掛金回収を行う場合には、まずは冷静な話し合いで解決できることかどうかを判断することが必要です。売掛金回収は契約書などに基づいて行われるべきものであり、契約書にそって請求を行うことはできますが、自社の都合だけで判断して行動してしまうと相手が機嫌を損ねて、回収がスムーズに行かなくなったり、今後の取引関係が悪化して仕事を失うこともあります。そのため、お金を支払って欲しいという思いはあまりストレートに出さずに、まずは相手の状況や意向をきくことから始めることが大切です。